Service

Expertise List 事業内容一覧

道路・交通計画

経済活動・生活活動に必要不可欠な人や物の移動は、人々の暮らしにおいて欠くことの出来ないものです。
モータリゼーションが進展し、自動車交通が主流となり、それを支える道路の交通機能を十分に発揮するため、 ITSの活用や、新たなモビリティの利用などの交通計画と併せ、効率的に道路の交通機能を利用するとともに、適切な道路計画を進めていくことが重要と考えられ、 そのために必要な調査・計画・設計・評価についての提案を行っています。

都市計画

ニーズの多様化や人口減少が進展する中、各都市は都市間競争を勝ち抜いていくことが求められている状況にあります。
対象となる都市・地域の特性を十分に理解した上で、競争力となり得る施策を実施していくことが不可欠と考えられます。
また、持続的な都市を形成するには、交通を考慮した施策も必要不可欠です。 我々は行政・民間での都市開発・交通に係る豊富な実績をベースとして、都市計画に係る調査・計画についての提案を行っています。

駐車場施策関連

人の移動および貨物の輸配送の手段として自動車が不可欠となっている現在、特に都市部では、自動車の走行空間である道路と同様に、停まる機能を担う駐車場の役割が重要となっています。
近年の自動車利用の変化や、電子商取引の普及による配送の多頻度化などを背景として、違法路上駐車対策としての駐車場整備だけではなく、 地域や地区の特性に応じた駐車場の整備ルールや、自動車需要の管理による快適な歩行空間の実現など、まちづくりに資する駐車施策の立案が求められており、 弊社では、駐車場の調査・計画・情報化・施策立案に係る豊富な実績をもとに、最適な解決策の提案を行っています。

ITS・ICT・情報化

ICT技術の進展は目覚ましく、社会インフラの利用においてICTを利活用するITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)の普及が進んでいます。
昨今ではIoT/IoEと呼ばれる、全てのモノに関わる情報がインターネット上で共有・利用される時代となりつつあり、 最新のICT技術の進展を踏まえ、社会インフラにおけるICT利活用のに係る調査・計画・設計・評価・事業実施、さらには運営までも幅広く提案を行っています。

公共交通

高齢化社会・人口減少が進展する中、あらゆる人々の移動ニーズに応え、持続可能な都市とするためには、社会情勢に即した公共交通ネットワークの検討が必要と考えられます。
地域コミュニティ主導で運営するモビリティや、UberやGrab等に代表されるC2C型のモビリティ、さらには自動運転等、 新たなモビリティの活用も考慮した調査・計画・設計・評価についての提案を行っています。

交通情報・交通管制

道路交通は我が国の経済を支える重要な基盤ですが、交通渋滞や交通事故などの問題・課題に対処し、より効率的で安全・安心で、円滑な道路交通を確保することが求められています。
ICT技術等の活用をはじめとして、交通ビッグデータを収集・処理・分析し、情報提供を行う交通情報・交通管制についての調査・計画・設計・評価、さらには運営までも幅広く提案を行っています。

施策効果・評価

これまで展開した施策の効果を客観的、かつ定量・定性的に検証し評価を行い、評価結果に基づいた、見直し等の計画についての提案を行っています。

道路維持管理

高度経済成長期を経て、我が国の社会インフラストックは増大し、その維持管理が大きな課題となっています。
限られた維持管理予算の中で、道路の維持管理を効率的に行うための手法に係る調査・計画・評価についての提案を行っています。

港湾・空港

空港や港湾は国際社会への玄関口として我が国の経済発展や、産業・地域経済の活性化、国際交流の基盤としての機能を担っています。
海外からの外国人旅客の増加など、世界各国との人や物の流れが活発化している中、将来に向けた空港・港湾づくりのための調査・計画についての提案を行っています。

環境・CO2削減

運輸部門における環境影響やCO2排出量の削減は依然として我が国の大きな課題となっており、様々な取り組みが行われる中、 実施した施策の継続的な評価や、新たな手法によるCO2削減の提案などを行っています。

社会実験

新たな施策の展開や円滑な事業実施のため、本格的な施策の導入に先立ち、 市民等の参加のもとで、場所や期間を限定して施策を実験的に実施し、評価する社会実験についての計画・実施・調査・評価についての提案を行っています。

自転車・自動二輪

近年、自転車は、環境負荷低減、健康増進、観光振興、交通渋滞改善などを背景に、手軽に利用しやすい交通手段として利用ニーズが高まっています。 一方、自転車に関連した交通事故、運転マナーの低下、放置自転車など、利用の手軽さの裏返しとも言える様々な課題が顕在化しています。
弊社では、これまで携わってきた実績をもとに、自転車総合計画の立案や、シェアサイクルに関する検討を行い、自転車利用に関するソリューションを提供しています。 また、都心部で課題となっている自動二輪車の駐車に関するソリューションも提供しています。

民間開発

市街地開発や大規模施設の開発プロジェクトでは、土地利用、都市計画および交通計画上の様々な規制や、 案件固有の制約条件などを踏まえて適切な手法を選択するとともに、関係行政機関や周辺住民との合意形成を図っていくことが重要となります。
弊社では、多くの先進的な開発プロジェクトに携わってきた実績をもとに、 円滑な交通処理のための調査・分析・シミュレーション・交通計画の立案、都市計画の知見を活かした開発手法の提案、関係機関との協議・調整などのソリューションを提供しています。

海外プロジェクト

我が国で培ったコンサルタントとしての知見や経験を活かし、海外における交通・ITSプロジェクトにおける調査・計画・設計を行っており、 これまでに東南アジアを中心として海外プロジェクトに参画しています。
また、2016年12月にはベトナムに現地法人を設立し、ICT/ITSサービスの提供やコンサルティングサービスを提供を始めています。